ゲストハウスは、創作のヒントにお勧め

小説家はホテルや旅館で作品を書く

あまり知られていませんが、実は小説家というのはホテルや旅館で仕事をすることが多いのです。
老舗旅館の中には、名だたる巨匠が仕事をしたというお部屋があることも少なくありません。

そういった旅館では、作家たちの記録をしっかり残していることも多く、巨匠たちがどういう生活をしながら執筆活動をしてきたのかをみることができます。

作家と旅館は、切っても切れない関係であったことが解りますよね。
現代でも、旅館を使って執筆活動をするという人は決して少なくありません。もっと言えば、旅館に宿泊しながら執筆をするというスタイルは、今も多くの作家から引き継がれているといっても過言ではありません。
では、ホテルや旅館で執筆をすることにはどんなメリットがあるのでしょうか。

気分を変えられる

自宅で仕事をしていると、とにかく他のことが気になって仕事ができないという人が多いです。
確かに、ずっとこもりきりで仕事をしていると気持ちが滅入りますよね。また、掃除をしたいとか片づけをしたいとか、そういうことも出てくるでしょう。

でも、こんなことを繰り返していては「仕事が進まない」ということになります。
でも、ホテルや旅館だと綺麗にしてもらえますし、余計なことに神経を使わなくていいので、仕事がしやすくなります。こういったメリットから、旅館やホテルを執筆先に選ぶ人も多いのです。

ゲストハウスも同じです。ゲストハウスは素泊まりを希望する人のために作られることが多いので、シンプルな造りになっていて「雑念」を取り払うことができるのがいいですよね。

人がたくさんいるので気分転換になる

ゲストハウスだと、リビングにいれば誰かしら人がいるので、誰かと語らうことができます。
もし仕事のネタに行き詰ったら、リビングに行けばたくさんの人と話すことができ、気分転換になりますよね。そういうメリットがゲストハウスにはあります。

ネタに行き詰ったら、リビングに行って話をして気分転換をしてみるのもいいですよね。こういう楽しみ方があるのも、ゲストハウスのいいところです。

静かな環境と、賑やかな環境の二つを手に入れることができるゲストハウスは、作家にはとてもいい環境のはず。
ぜひ、創作の仕事をしている人は、ゲストハウスで生活されることを考えてみてほしいですね。アイディアが浮かばないときだけでも、ゲストハウス生活はオススメですよ。一度やってみたら、ヤミツキになるかもしれません。